肩こり 原因 高血圧

肩こりと高血圧の関係と原因を探る!

 

高血圧とは、血圧が高いことを言います
心臓はポンプの役目になって
血液を全身に巡らせています
その巡らせる力を血圧と言います。

 

次に肩こりとは、筋肉の疲れや姿勢の悪さによって
筋肉に乳酸がたまってしまい筋肉が硬くなります。

 

そうすると、血管が圧迫され血流が悪くなり
筋肉にたまった乳酸が流れることなくたまってしまい
さらに筋肉が硬くなってひどい肩こりになるんです。

 

 

この2つを説明させて頂いた後に
血液の流れが関係しているんじゃぁっと思われた方。
するどいっ!!!大正解です。
大きな関係があります!

 

高血圧・・・血液の流れる圧が、強くなることで起きる
肩こり・・・血液の流れが悪いことで起きる。

 

上記の内容を見てみると、お気づきになりませんでしょうか。
肩こりによる血行不良が、高血圧の原因になりえる事を!!!

 

肩こりによる血行不良になると
心臓は全身に血を巡らせる為に
一生懸命ポンプを動かします。
一生懸命ポンプを動かすと
血圧が高くなり高血圧になるのです。

 

肩こりになったら
すぐに高血圧になるという事ではありませんが
原因になりえるものなので、解決しておいた方が良いのです。

 

そこで、肩こり解消方法をご紹介します♪

 

 

肩こりは
肩甲骨付近の筋肉が大きく関係しています。
ですので、肩甲骨付近の筋肉をほぐしてあげ
筋肉を柔らかくしてあげるのです☆

 

筋肉は、お風呂上りや体が温まった時に
柔らかくなるので、お風呂上りにほぐしてあげて下さい。

 

椅子に座りながらできる、エア平泳ぎがおすすめです。
まずは、息を吹きながら、手を前にぴんと伸ばしましょう!
この時に顔は下を向いていて、耳に腕がついている状態です

 

ここで、重要なのは同時に背中もめーいっぱい丸めて伸ばすことです。
伸ばすことで肩甲骨が開きます。
少し痛いですが、伸ばしてあげましょう。
伸ばして3秒キープ。

 

次に息を吸いながら、上体を起こし、手を真横にぴんと伸ばします。
腕は胸よりも後ろになるように伸ばしてください。
伸ばしきったら、肘を曲げて肩甲骨をぐぐぐっと近づけてください。

 

曲げた状態で、右後ろに曲がっている肘を見てください。

肩こり,原因.高血圧

3秒キープです。
この時に、首の筋が伸びていることを意識してください。
左右行ったら、初めのポーズに戻ってください。

 

 

この1連のポーズを5回して頂きましたら
手の力を抜いてだらんとしたらに下し
肩を5回上げ下げして頂いたら完成です。

 

肩甲骨の動きや筋肉を意識して
柔軟をしていただく事で効果が高くなりますので
継続してやってみてくださいね☆